野外研修やチームビルディング、集客イベントに。

NaviTabiのご活用により、簡単・安全・少人数で開催可能です。

お問い合わせ受付中

 

様々なニーズにお応えします

・屋内での座学に偏りがちな研修プログラムにアウトドアを取り混ぜたい

・観光地などでの集客アトラクションを新たにやってみたい

・オリエンテーリングやナビゲーションの初心者向け講習を手軽な準備で行いたい

 

 

実施事例

2018年4月10〜11日、あいおいニッセイ同和損害保険㈱様に新入社員研修の一環でNaviTabiをご活用いただきました。

詳細はイベントレポートをご覧ください。

 

 

イベント開催時の負担をNaviTabi活用で軽減

地図の準備やメンテナンスが大変
  • コースだけでなく地図も印刷して準備する必要がある
  • 現地の変更にあわせて、地図のメンテナンスも必要
受付手続きや成績集計にスキルが必要
  • 事前申込受付や集計が煩雑で、一部のスキルのある担当者に負荷が集中
  • 当日に成績発表をするなら専用ソフトを使わないと難しい
当日の運営人数が確保できない
  • 当日に受付をする場合、参加者数に応じた人員が必要
  • チェックポイントの通過を確認するため、当日朝に現地に器具を配置するか、撮影写真の判定を目視でしている

↓↓↓

準備やメンテナンスを手軽に
  • コースを用意すれば、既存の地図(国土地理院地図やOpen Street Mapなど)と組み合わせ可能
  • 地図のメンテナンスは原則不要
受付手続きや成績集計を簡単に
  • 参加者が自身でメールアドレスをアプリで入力するだけで、コースへの参加が可能
  • リアルタイムでの成績発表がアプリだけで完結
少人数で運営可能に
  • 受付やスタート/ゴールなどがアプリだけで可能
  • スマホの位置情報を活用することによりチェックポイント通過確認の省力化を実現

 

 

NaviTabiアプリの主催者向け機能

イベント開催に必要な機能をワンストップで提供します。

コース作成機能:

地図上にスポットを設定しコースを作成

  • 国土地理院発行の地図をベースにするため、新たに地図を作成する必要がありません
  • オリエンテーリング地図(O-map)が存在する場合、O-mapでの開催も可能です
  • チェックポイントになる各スポットには写真とテキスト/クイズを掲載可能
イベント管理機能:

アプリのアカウント情報をベースに申込管理が可能

  • メールアドレスをIDとしたアプリ用アカウントを作成
  • 大人数などの場合、ID作成の一括代行も対応可能です(有償)
  • 一般には非公開のイベントとして開催する場合、当該コースを参照できるアカウントを限定することができます(有償)
当日リアルタイム管理機能:

リアルタイムな状況把握で安全確認

  • アプリの「ライブ観戦」機能を活用して各プレイヤーの位置情報や所要時間などをリアルタイムに確認できます
  • 「結果リスト(スタート時刻順)」「リーダーボード(ポイント順位順)」表示機能に標準対応
  • 個別の成績やログを出力・分析することも可能(有償)

※ニーズにあわせて様々なカスタマイズが可能です。お気軽にお問い合わせください。

 

コース設定画面

 

コース設定画面

 

クイズ機能

 

「ライブ観戦」機能

 

お問い合わせフォームはこちらから