新入社員研修でNaviTabiをご活用いただきました

2018年04月11日

あいおいニッセイ同和損害保険㈱様(以下、クライアント様)の新入社員研修で「NaviTabi」アプリをご利用頂きました。

2018年4月10〜11日、新入社員約700名(2日間合計)が高尾山に集結し、4人一組でのグループオリエンテーリングを実施。

普段あまり慣れていない「ナビゲーション」の体験を通して、各チームで一段深いコミュニケーションが図れ、新入社員さん同士の「一体感」の醸成につながったことをご評価頂きました。






当日の様子・インタビュー

当日の様子とクライアント様へのインタビューを下記動画(約5分)にてまとめておりますので、よろしければご覧ください。

 


クライアント様の狙い

今回、本研修におけるクライアント様の狙いは下記のような点にありました。

・「社会人の基本」を学ぶ室内の研修メニューが中心の為、屋外メニューも取り混ぜることで「一体感」を醸成したい。

・研修で学んだ会社に関する知識を各ポイントでクイズ出題するなど「楽しんで学ぶ」体験にこだわりたい。

・一定の身体的負荷がかかる高尾山というロケーションを選択することで、グループ内での助け合いが生じることを企図。

・進路選択などナビゲーションに関する話し合いを通して「一段深いコミュニケーション」を実践して欲しい。

・運営面としては、山中に大人数が同時に入るため、各グループの安全の確保は第一に考えたい。


NaviTabi活用のポイント

これらに対し、「NaviTabi」アプリの下記のような機能をご活用頂きました。

・各ポイントにてクイズを表示。

「ライブ観戦」機能の活用で各参加者の山中での位置をリアルタイムに把握し、安全面を確保。


なお、コースは、東京都オリエンテーリング協会パーマネントコース「奥高尾」を一部ショートカットして活用し、写真撮影を通過証明方法とするポイントオリエンテーリングとして実施しました。

<東京都オリエンテーリング協会HP>
https://orientokyo.jimdo.com/

前の記事へ 次の記事へ

Related Posts

三密を回避してロゲイニングイベントを開催する方法

2020年05月26日

NaviTabi Monthly Report / 2020年4月

2020年05月18日